運動していても気になる血糖値

低ければ低いで気になるものですよね・・・

定期的にジム通いしていて、体型も普通~やせ型なら生活習慣病などは気にしなくて良いと思えますが、中には、実際に血糖値を測ってみたら割と高くて糖尿病に黄色信号という場合も少なからずあるそうです。

という事で、自分がもしもそのタイプだったら嫌だなと思った時、海外製の血糖値測定器とセンサーを購入して自己測定してみることにしました。

最初は、普通の人が買えるのかわからなかったのですが、特に購入制限などは無いようです。どの道、海外からの取り寄せ、つまり、個人輸入したので、特に気にする必要もありません。

そして、届いてから何度かテストを行ってみると、空腹時は、大体70mg/dL~80mg/dLで推移していたのですが、ジムから帰ってきてまもなく測定してみると、65mg/dL~70mg/dL程度と大分低い数値でした。

それでも、これより数値が下がる事は無かったので、体の中では、血液中のエネルギー源であるブドウ糖が少なくなると、肝臓の貯蔵分や脂肪、そして、筋肉を分解して血糖値を一定レベルに保つそうです。

この働きが正常に機能していれば、体に蓄えているものを燃焼している状態。
つまり痩せやすい状態という事でもありますが、それもやり過ぎると、筋肉が分解される割合が増えるので、運動量を増やすほど筋力が落ちるなんて状況になります。

関連情報