スポーツジムに通ってみて思った事

ほぼランニングマシンしか使ってなかった

スポーツジムに数ヶ月通い体重もみるみる落とす事が出来たのですが、週2回でも、拘束時間が多く取られている感じがして、スポーツジム中心の生活になっていくのが、どうも好きになれませんでした。

実際、通っている最中にジムのスタッフにアドバイスを貰うというよりは、自分が正しいと思う方法を試しては、体組成の変化から読み取り、それを元に食生活を調整したり、またトレーニングメニューを少し変更したりという事だけしかありません。

筋肉量が落ちたらタンパク質の摂取量を増やし、ミネラルが不足したらカルシウムの摂取量を増やすというようにやっていると、一ヶ月の変化が体組成計で結果として確認する事ができました。

元々は、運動不足を解消する目的でランニングマシンを利用したかったからなのですが、ほぼ、それ目的の為だけに、スポーツジムに通う必要は無いと思ったので、結局、ヤメる事にしました。

もちろん、健康の為には、全身を使う単純運動であるウォーキングやジョギングが最適で、血流の促進、心肺機能の改善、代謝アップ、老廃物を流しやすくするなど、メリットは沢山あります。

でも、健康の為にと単純作業を繰り返していく事に、なんとなく違和感というか、別の方法でお金もかけずもっと楽しくやる方法もあるよなと思ったのが正直なところですね。

それに、筋肉を大きくしたいワケでも無いので大半のトレーニングマシンは、自分にとっての必要性は低く、わざわざジムに来て広い風呂の入るという必要性も感じなかったので、遅かれ早かれ、生活に馴染まなかったのかなと思えます。

関連情報