みたらし団子を食べた後の血糖値がヤバい事に・・・

身体が冷えている時は注意すべきかも

久しぶりに気持ちよく運動した帰り道。運動後は甘いものという事で、近くのお土産屋さんでみたらし団子を買ったのですが、血糖値がエグイことになりました。

■測定結果

測定時間 食後すぐ 40分後
血糖値 179mg/dL 161mg/dL 150mg/dL 120mg/dL

いつぶりかの180mg/dL目前。私の中では、かなりヤバイ数値です。

しっかり手洗いをして、再チェックをしても160mg/dL以上。

あきらめきれず、もう一回。血糖値乱高下中・・・。

原因は何だったのか?

まず考えられる事は、空腹からのダイレクトな糖質。4時間位、何も食べない状態で団子(炭水化物)+醤油だれ(糖質)という、これ以上無い組み合わせ。

高血糖ブースター・・・。

それから、40分後。

1時間しないうちに120mg/dLまで低下したので、一時的な血糖値の急上昇にインスリンの分泌が間に合っていなかったのかなと思えます。

他に考えられる原因は?

一つ気になる事がありました。それが、体温が下がっていた事。

その日、身体が結構冷えてしまい、温まるのを実感するまで数時間かかりました。そんな中で高血糖なみたらし団子を食べたものだから、膵臓の働きも鈍りインスリンの分泌が遅れて、一時的な高血糖となってしまったのではないかと個人的に思っています。

というのも、身体が温まった夕食後の血糖値は普通だったからです。

食事の量で比べると、みたらし団子の数倍となる夕食後は、1時間30分程で109mg/dLと普段と変わらない数値です。

という事で、また、身体が冷えている時に、今度は、以前食べたパンの組み合わせなどをまた食べて、どのような変化をするのかチェックしてみたいなと思ってます。