ミスタードーナツ5個食べた場合の血糖値はこうなった

ドーナツをまとめて5個食べた後の血糖値推移

時々食べたくなるドーナツ。もはや、日本の味と言えるくらい子供の頃から定番でした。

中でも、時々食べる定番の組み合わせです。さすがに、毎日は危険性を感じるカロリーモンスターなので、月2回くらいなら良いかなと思ってます。

以前はもっと頻繁に食べてました。という事で、今回、検証したドーナツのカロリー、炭水化物量は以下の通りです。

商品名 カロリー 炭水化物量
エンゼルフレンチ 201kcal 12.7g
チョコファッション 364kcal 31.3g
チョコリング 273kcal 23.2g
ダブルチョコレート 267kcal 26.1g
ココナツチョコレート 268kcal 29.4g
総カロリー 1373kcal 122.7g

カロリーは、ミスド公式サイト内の情報です。
【参考】https://www.misterdonut.jp/m_menu/eiyou/eiyou.pdf

これをご飯に置き換えると・・・、総カロリーは1373kcalなので、ご飯1膳(160g:269kcal)のおよそ5倍。炭水化物総量は、122.7gで、ご飯1膳(59.4g)のおよそ2倍。

■測定結果

測定時間 食前 食後すぐ 30分後 1時間後 1.5時間後
血糖値 68mg/dL 115mg/dL 131mg/dL 115mg/dL 110mg/dL

【↓】食前(12時31分)

まずは、食前の血糖値。相変わらずの朝抜きで外出して来たので、まずまずの低血糖領域ではないでしょうか。

これってケトーシスになって血液が酸化する?

と思って少し調べてみたら、短期間のケトーシスの場合、ヒトの身体には代償機能が備わっていて、血液中の炭酸イオンがあるお陰で酸性になるのを防ぐバッファー機能が働くのだとか。

一応、体脂肪率は一桁代ですが、手足がしびれたり、フラフラしたりせず数ヶ月同じような感じなので、今のところ全然大丈夫です。

はい。続きです。

【↓】食後すぐ:115mg/dL

上がり方は、パンの時とそんなに変わりなし。

【↓】食後30分:131mg/dL

上がってきました。こちらも、パンの時とほぼ一緒。

【↓】食後1時間:115mg/dL

落ちてきました。もう血糖値のピークは過ぎたようです。

【↓】食後1時間30分:110mg/dL

下がってきましたね。

ん?あれ?あの量のドーナツを食べた割には、血糖値の上がり方が緩やかな気がしなくありません。

こちらの思惑(笑)としては、「やっぱり、ドーナツは血糖値上がるね!危ないね!」という事で少し控えていこうというつもりだったのですが・・・。

もしかして、甘さは人工甘味料が使われているのではないか?と・・・。

調べていると、エンゼルフレンチには、異性化液糖が使われているとの事。

異性化液糖とは?

果糖ぶどう糖液糖(高フルクトース・コーンシロップ)という人工甘味料です。

人工甘味料が多めで意外と血糖値に反映しなかったのかと思ったのですが、この辺は、はっきりわかりませんでした・・・。

まだまだわからない事だらけです・・・。

最近のスイーツは、人工甘味料の存在があるお陰で血糖値の変動がブラックボックス化しているのが怖いところです・・・。

あ、ミスドがどうとかじゃなくて。(ミスドに原材料については調べてませんので。)

もう一つ考えられるのは、日頃の食生活の甲斐あり、インスリン消費が抑えられているお陰で、処理能力がまだ大丈夫という事も可能性としてあります。

まあ、こういう場合は、それが事実だったとしても、ドーナツをたくさん食べて良いという事にはなりませんね。

過信は危険ですから。

まとめ:たまには良いかな

血糖値の上がり方の具合から、個人的には、「たまに食べる分には良いかな!」と思ってますが、もしも、人工甘味料などの部分がはっきりしてきたら、その考えも覆るかもしれません。

急激に上がると驚異ですが、上がり方が緩やかなのもちょっと不安になりますね・・・。