寿司を食べたら過去最高の数値となりました

結局、「ご飯」と「砂糖」です

知人と「シャリには、結構な量の砂糖が使われている」という話題になったことから、どのくらい血糖値が上がるのか検証してみました。

結果、今までの検証で最高値を記録しました。

測定結果

食前:76mg/dL

空腹時は、80mg/dL前後を推移しています。

食後:148mg/dL

結構、上がってきました。

ご飯の量的にもこのくらいまで上がるのは、妥当かなと感じていたので、とりあえずここは様子見といったところです。

30分後:187mg/dL

目を疑いました。

色々な食材で検証した中で最高値をここで記録しました。

再チェック:186mg/dL

再チェックしても。結果は、変わりません。

食後40分:166mg/dL

さらに10分経過後、再度測定してみたら少しだけ下がりました。

1時間後:136mg/dL

大分、マシな数値になってきたと思います。

追加インスリンの分泌が多かったのかもしれません。

1時間半後:137mg/dL

ここから横ばいが続きます。

2時間後:139mg/dL

食後2時間値も横ばいと言えます。

130mg/dLのボーダーラインを切ることができませんでした。

2時間後:146mg/dL

ダブルチェックしてみてもこの通り。

芳しくありません。

2時間半後:109mg/dL

さらに30分経過したところで、ようやく問題ない数値まで下がってきました。

ということで、今回の検証はここで終了したいと思います。

日本人の大好物の寿司のチェーン店は、土日ともなると、どこも混雑している印象があります。年齢性別問わず、多くの支持を受けています。

しかし、今回の検証結果を踏まえると、日本人に糖尿病罹患者数が増えているのは、食の欧米化だけとは限らないと言わざるを得ません。

また、日本人の寿命が延びたことで、日本の食文化は健康的と言われていますが、テレビやラジオの無い時代の日本は、各地の食文化が大きく異なっていたそうです。

一汁三菜という食文化は、伝統的に受け継がれてきたものではなく、テレビの普及によって広まったと言われています。

関連ページ

MENU