切り餅8個完食した場合の血糖値推移

切り餅と言えばサトウ

今回は、切り餅の定番サトウの切り餅8個を一度に食べた時に、どのくらい血糖値が上がるのか検証してみます。

1個あたり118kcalで、総カロリーは単純計算で944kcalです。

炭水化物総量は、214.4gとなっています。

ご飯は、100gあたり37g含み、一膳あたり160gとの事なので、ご飯4杯分位になります。

味付けは、オリーブオイルと塩こしょうのみです。

測定結果

食前:76mg/dL

空腹時の血糖値は、いつも通りの数値です。

食後:106mg/dL

食後すぐの段階としては、緩やかな上昇具合と言えます。

30分後:140mg/dL

食後30分後にピークが来ました。

パンで検証した時のピークより、やや高い数値です。

1時間後:117mg/dL

食後1時間を過ぎると、血糖値も少しずつ下がってきました。

1時間半後:112mg/dL

さらに30分経過しても、横ばいでした。

2時間後:110mg/dL

ほぼ変化が無かったので、今回の検証は終了いたします。

餅やパンなどの主成分である炭水化物は、血糖値を上げて追加インスリンを分泌するため、常食を繰り返すことで膵臓が疲弊しインスリンの分泌不足を起こす原因となります。

今回の検証でピークがそこまで高くなかった理由は、インスリンの分泌が正常に行われているという前提が有ってのことだと考えられます。

関連ページ

MENU