ケーキ2個+パン2個を同時に食べた場合

ケーキは意外と上がらない?

近所のケーキ屋さんで売られていた大きなクロワッサンと併せて、ケーキやパンを購入してきました。

クロワッサンが大きすぎて、ケーキが小さく見えます。

クロワッサンは、ボロボロこぼさず綺麗に食べるのが難しい食品の一つです。

測定結果

食前:75mg/dL

食前は、だいたい同じくらいです。

空腹時にケトン体が増えることを恐れる声もあるようですが、問題なのは、糖質が細胞内に取り込まれることなく血糖値が高いままケトン体が増えることだそうです。

食後:125mg/dL

食後で125mg/dL程度だと、私の場合は、だいたい+10mg/dLをピークで推移するか、このまま下がってくるパターンが多い印象があります。

30分後:101mg/dL

今回は、後者の方でした。

食事内容からしても、糖質が多いような気がしていたのに、血糖値には、影響が現れていません。

30分後(2回目):108mg/dL

割と低めです。

このように血糖値が上がりにくいと、食事制限リストからも外せるので喜ばしいことかもしれません。

しかし、内容と結果に違和感を覚えます。

1時間後:94mg/dL

乱高下するパターンでもなく、血糖値が下がり始めています。

1時間半後:92mg/dL

数値が安定してきたので、検証はここで終了とします。

意外と上がらなかったという印象がある検証結果となりました。

関連ページ

MENU