4種類のパンを食べた後の血糖値推移

上がりやすく落ちにくい、しかも

パンを食べた後に血糖値がどのくらい上がったのかチェックしてみたところ、数値の上がり具合に衝撃を受けたことがあります。

GI値が高い食材であるとおり、血糖値がわかりやすく急上昇して驚きました。

しかし、仕事が忙しいとついつい食べてしまうことがあるため、血糖値がどのくらいになるのか検証を兼ねて確認していくことにします。

■今回の検証内容

ヨモギあんパン、塩パン、くるみパン、チョコチップくるみパンです。

食前:74mg/dL

午前中は食事を摂らない場合がほとんどなので、いつもこのくらいの血糖値になることが多い気がします。

測定結果

食後:110mg/dL

食前から+44mg/dLと考えると結構な上がり具合に感じます。

40分後:134mg/dL

時間計算を見誤り、食後40分となりました。

インスリン分泌のタイムラグもあり、血糖値はさらに上昇しています。

1時間10分後:116mg/dL

さらに30分経過した段階で、血糖値は、下がり始めています。

1時間40分後:96mg/dL

ここで、100mg/dLを切りました。

今回は、140mg/dLまでは到達することなく血糖値が下がり始めました。

パンの原料である小麦は、炭水化物の代表的食材ですが、血糖値だけ見れば、パン食は、そこまで問題視しなくても良いのかもしれません。

ただし、パンだけをダイレクトに食べるような食生活は、改善すべきことには変わりないと感じています。

関連ページ

MENU