ロールケーキ丸ごと1つ食べた場合

乱高下・・・

ケーキでの第三回目のテストとして、ロールケーキを丸ごと1つ食べてみて、血糖値がどのように変化するのか測定してみました。

生クリームがくどくなくて美味しかったですが、さすがに、3分の2も食べると辛かった・・・。

■測定結果

測定時間 食前 食後すぐ 30分後 1時間後
血糖値 91mg/dL 119mg/dL 92mg/dL 97mg/dL 120mg/dL 124mg/dL
測定時間 1.5時間後
血糖値 92mg/dL 85mg/dL

同じ量の野菜炒めなら平気で食べ続けられると考えると、やはり、生クリームは、脳の喜ぶ味であり、体にとっては負担が大きなものかもしれません。

時々、食べたくなるのが人間の性・・・。

脳に支配される体・・・。

【↓】食事前:91mg/dL

【↓】食後すぐ:119mg/dL

上がってきました。が、ここから先が疑問の時間。

【↓】食後30分:92mg/dL・97mg/dL

下がってきました。明らかに下がり方がおかしいので、ダブルチェックするとそれでも100mg/dL以下。

このまま下がり続けるのか・・・。

【↓】食後1時間:120mg/dL・124mg/dL

と思ったらやっぱり。今度は、120mg/dLオーバーという血糖値。なんだか乱高下しています。

【↓】食後1時間30分:92mg/dL・85mg/dL

また、下がりました。

という事で、今回の結論は、ロールケーキは乱高下しやすいという事なんですが、もしも、そうだとしたら生クリーム系は全体的にそうなのかもしれません。

こういうクリーム系だったり、マーガリンだったりは、糖尿病とは別の部分で何かと注意しなくてはいけない部分だと思うので、その辺も調べていく必要性を感じてます。

ひとまず、今後は、生クリーム系の食べ過ぎに注意しようと思いました。

カテゴリページ一覧