グルテンフリーは糖尿病も防止する?

この辺のわからない事を整理してみました

最近、糖尿病の患者の年齢層が若年化しつつあると聞きます。

一昔前は、糖尿病なんて生まれつきのタイプじゃなければ、中年の後半くらいで発症する事が多かったようですが、今では、バリバリ働く30~40代で発症する人も少なくないのだとか。

なぜ糖尿病が若年化しているのでしょうか。
一説では、グルテン食品の摂取量の増大が関係しているそうです。

そもそもグルテンってなに?

グルテンは、小麦や大麦、ライ麦に含まれるタンパク質の一種ですが、正確には、グルテン前駆体(グリアジン・グルテニン)を含む小麦粉を水でこねると、生成されるそうです。

また、ヒトはグルテンを消化する酵素を持っていない事。グルテンを多く含んでいる食品は、同時にGI値が高いものが多いようです。

GI値とは?何が悪いの?

グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略称。
その食品が体内に吸収され糖となるまでの速度を表す数値。

ブドウ糖が100。つまり、100%。
その数値にどれだけ近いかを示すもの。

GI値の高い食品は?

  • 菓子パン類:95
  • チョコレート:91
  • ドーナツ:86
  • バターロール:83
  • ナン:82
  • ライ麦パン:58

ネットから収集した情報を元に、
作為的(笑)に掲載してみました。

確かに、グルテンが多い食費とGI値が高い食費は、関係があるように思えます。
これらのベースの多くは小麦。
チョコレートだけちょこっとことなります。

そもそも、グルテンというのは、リーキーガット症候群というアレルギー症状でもおなじみのようですが、その原因は、グルテンが小腸のゲートエラーを起こす作用から。

本来、体の中に入れてはならないアレルゲン(アレルギー物質)がセンサーがエラーでこわれちゃう事で、体内に侵入しやすくなるそうです。すると、血液内は、大変な事になり、それらを駆除するのに自己免疫大忙し。

結果、体がだるくなったり、風邪を引きやすくなったりするそうです。

また、グルテンはセリアック病と言う栄養失調の原因にもなるのだとか…。

セリアック病はグルテンによって起こる自己免疫疾患

  1. パンを食べる
  2. グルテンは消化酵素では分解できない
  3. グルテン分子の一部が小腸上皮組織内に取り込まれる
  4. 「異物が来たぞ!」とグルテンを自己免疫が攻撃
  5. そこは、小腸上皮組織という自分の体の一部
  6. つまり、小腸の組織が攻撃され炎症
  7. 炎症しているから栄養を吸収できない
  8. 栄養失調を起こす

という事のようです。
恐るべし、グルテン…。

ただし、セリアック病は、遺伝的要因が大きいようです。
つまり特定の人に起こるという事なんですね。

日本人より、小麦文化の長い欧米人に多いのだとか。

もちろん、グルテンフリーを意識するのは、大切ですね。
同時に、パンや麺類など、小麦や大麦、ライ麦を使った食品を控えなければいけないため大変そうですね。

私も時々、パンがものすごく食べたくなります。
そういう時は、特に我慢せず食べますが、普段からは続けないようにしてますね。
菓子パンはほとんど食べる事はありません。

それは、グルテンもそうですが、
保存料など食品添加物も多いからです。

なので、買うならベーカリーに行きます。
本当なら、小麦粉の農薬や添加物にもこだわりたいのですが、さすがに難しい…。

血糖値の測定検証
関連情報
食品関連情報
プロフィール
運営者プロフィール