ACON血糖値測定器の使用手順を確認

使い方の手順を確認

血糖値測定器の使い方は、誰でもすぐに使いこなせるくらい簡単ですが、ACONの血糖値測定器の仕様も含めて確認しておきます。

一番最初は、本体の初期設定が必要となります。

まずは、日時を設定します。

【1】準備

血糖値測定器本体、センサー、ランセット、穿刺器、アルコール、ティッシュを準備します。

アルコールは、ダイソーのスプレーボトルなどに入れておくと便利です。

【2】消毒

一通り使用する前に、両手指の消毒をしておきます。

「左手にシュッ」×2~3回

「右手にシュッ」×2~3回

両手にまんべんなくアルコールをかけ、両手をこすり合わせた後、ティッシュで拭き取り乾かします。

汚れたタオルで手を拭かないように気をつけましょう。

【3】ランセットの取り付け

まずは、ランセットを穿刺器にセットします。

穿刺器(右手側)のカバーを外し、ランセットを取り付けます。

カバーを外してランセットを設置し、ランセットのキャップをひねって外します。この時、針が曲がることがあるので注意してください。

右手で持っている部分がツマミになっていて、中のバネを後ろに引っ張れる仕組みです。ここを引くと、左手で指している部分が黄色くなりボタンが押せるようになります。

針の深さはメモリで調整します。

白い点「・」は、「0.5」の意味です。数字と点が交互に出てダイヤルを調整できます。

【4】センサーの取り付け

続いて、本体にセンサーをセットします。

端子部分と採血部分は、触らないように注意します。

本体上部の挿入部分に差し込みます。

採血準備完了のマークが出たら、テストのスタンバイ完了の合図です。

採血を行わずに長く放置していると自動で電源が切れるので、マークが出ているか確認するように気をつけましょう。

【5】針を刺す

穿刺器の先端を指に押し当ててボタンを押すと針が出ます。

採血できる量が出ない場合は、穿刺器のダイヤルを1メモリずらして針を刺し直します。

私の場合は、「1.0~1.5」あたりに設定し、皮膚に強めに当ててボタンを押すことが多いです。また、食事から時間が空いていたり、身体が冷えていると同じメモリでも採血しにくい場合もあります。

【6】センサー先端に採血

針を刺し終えたら、指の根元からマッサージするように血液を押し小さな玉を作ります。

センサーの先端に血液を付着させます。

血液が付着すると、カウントが開始され結果が表示されます。

測定結果が表示されました。

ACONの血糖値測定器は、モニターが大きく数字が見やすいです。

【7】センサーを外す

測定が終わったら、センサーを取り外します。

血糖値測定器本体の横にスライド式のボタンがありセンサーが外れます。

片手で簡単に取り外すことができます。

【8】ランセットを外す

センサーと同じように、穿刺器側にもスライド式のボタンがあります。

スライドすると針が外れます。

キャップに針を刺して養生して捨てます。

尚、家庭で個人的に使ったランセットは、燃えるゴミで出してしまって問題ありません。医療機関が廃棄処分する場合と扱いが異なります。

【9】結果の再確認

ACONの血糖値測定器は、メモリ機能で測定結果を記録から再確認できます。

左側のボタンを押すごとに過去のデータを表示でき、右側を押せば、アベレージの確認と電源のオフになっています。

押しっぱなし操作も可能で、古いデータを探すのも手間がありません。

関連ページ

MENU