オンコールエクスプレスの測定精度をチェック

連続で3枚ずつ測定してみた結果

一応、国際的に出回っている血糖値測定器は、国際規格ISO15197という基準によって最低限の性能はクリアしているそうです。

つまり、どの血糖値測定器を使っても、ある程度は、信頼出来る結果が表示されるということなのだとわかりました。

血糖測定器の精度は、物によってそこまで気にする必要もないようですが、ACONの場合はどうなのか、試しに数回連続測定して、どのくらい違いが出るのか確認してみました。

実際に購入して使っているオンコールエクスプレスはその辺問題無さそうですが、念のため、1度針を刺して3回測定ずつ測定してみました。

3回連続測定してみた結果

  • 1回目:121mg/dL
  • 2回目:130mg/dL
  • 3回目:128mg/dL

1回目が少し低めだったのは、無理に絞り出したかなという気がしなく有りませんが、血糖値は、正確な数値が必要というよりは、±10mg/dLの範囲でどの程度の血糖値になっているのか確認するものかなと感じています。

そうなると、この3連続で測定してみた結果を見ても、性能面は特に問題無いなということがあります。

実際に、国際規格ISO15197の基準でもこの数値は、問題無いようです。

念の為もう一度3回連続チェック

念の為、再チェックしてみたところ、以下のような結果となりました。

  • 1回目:111mg/dL
  • 2回目:115mg/dL
  • 3回目:112mg/dL

再度テストした時には、3回測定できる程度の量の血液を絞り出して、そのまま3回連続で行ったのですが、やはり、大体同じくらいの数値となっています。この事からも、±5mg/dLくらいは、変動を踏まえて数値を見れば良いのかなと思いました。

尚、ACON社のオンコールエクスプレスは、全米での品質評価として、アキュチェックアビバプラス、プレストに続く第三位という事でナカナカの健闘です。

測定結果のように正確性がある程度出ていることに越したことはありませんが、血糖値の多少の誤差を気にするより運動を増やしたり食事内容を変える方を意識していきたいものです。

関連するページ

MENU