ACON血糖値測定器の良い点・悪い点をレビュー

ACON血糖値測定器のレビュー

海外から血糖値測定器を購入するのって、「不良品だったらどうしようか」など、日本で扱われているものと比べて、そうした心配が少なからずあるかもしれません。

そこで、実際に購入してみてどうだったのか、良い部分と悪い部分についてレビューしていきたいと思いますが、結論から言ってしまうと、センサーも安く購入出来るし、特に問題なく使うことができているので助かっているという感じでしょうか。

>>ACON血糖値測定器の正規取扱店について

日本語マニュアルもついてるので問題なし

ACONの血糖値測定器を購入すると、下の写真のような日本語のマニュアルも附属しています。

他にも血糖値測定器を使ったことあれば、同じような感覚で使えてしまうと思いますが、初めて血糖値測定器を使う場合でも、問題なく使うことが出来るのではないでしょうか。

こうした、ビギナーさんにも使いやすいように考えて準備されている部分は、良いことだと思います。

それに、取り扱い店も全て日本語対応しているので、特に購入で困ることはありません。

画面サイズがちょっと大きい

以前まで、ニプロの格安の血糖値測定器を使っていたということも有るのですが、そちらは、測定チップのケースのフタに本体を取り付けられる超コンパクトサイズでした。

そのサイズに慣れていたこともあって、ACONの血糖値測定器のモニター画面は、少し大きいのかなという感じがあります。

本体サイズも小さくはないので、持ち運びを考えると少し邪魔かなという感じです。

でも、使い慣れてくると、モニターの画面サイズが大きいことは、見やすくていいなとは感じます。それに、センサーの脱着もサイドについているスライド式のボタンを押す事で外せるようになっているのが良いですね。

ACONのセンサー精度はどのくらい?

ACONの血糖値測定器「オンコールエクスプレス」は、安くて精度も良いという事ですが、実際にセンサーの精度がどの位なのでしょうか?

調べてみると、この精度には、国際規格ISO15197に基づき血糖値測定器として販売する為に定められた基準があるそうです。つまり、販売されている血糖値測定器なら国際規格ISO15197をクリアしているという事がわかりました。

国際規格ISO15197の基準

国際規格ISO15197の基準として、血糖値が100mg/dl未満の場合は、±15mg/dLまでの範囲内に100回測定すれば、95回は入っている事が必要となるそうです。

つまり、基準を100mg/dLとすれば、85mg/dL~115mg/dLに95%の測定結果の正確性が求められるという事です。

また、血糖値が100mg/dL以上の場合は、上下に15%の範囲内に95%入っている必要があるそうです。

となると、130mg/dLを基準の血糖値となる場合は、その15%に当たる19.5mg/dLが誤差範囲の上限となるので、「110.5mg~149.5mg」の範囲に95%の確率以上で入っている必要があるという事になります。

オンコールエクスプレスとニプロで比較

今世の中に出回っている血糖値測定器は、国際規格ISO15197をクリアしている事が条件となると、そこまで、精度の違いというものは無いのかもしれません。

では、実際に、どのくらいの違いがあるのか、以前まで使用していたニプロとオンコールエクスプレスで比較してみたいと思います。

試しに、両方を使い同じタイミングで血糖値を測定してみました。

性能に関してはそれほど大きく違いはないのかもしれませんが、実際に測定してみると、オンコールエクスプレスの方が同じくらいの数字でまとまっていることが多い気がします。

■二つの測定器のメモリー性能の違い

オンコールエクスプレスの血糖値測定器は、ただ測定結果を表示するだけでなく、メモリ機能や日時も表示されるので、いつの測定結果なのか把握するのも容易です。

それに対して、ニプロの血糖値測定器のメモリ機能は、血糖値の数値のみが順番に残っているだけなので、本当にサブ的な使い道しか無い上に、切り替わりがもたつきます。

関連するページ

MENU