炭水化物と糖質の違いは?

はじめに

一概に糖質と言っても、ブドウ糖(グルコース)、果糖(フルクトース)、ガラクトースなどあります。

これらは、どのような違いがあるのか、「そもそも、糖質って砂糖以外にあるの?」なんていう場合すらあるかもしれません。

そこで、炭水化物と糖質の違い、そして、糖質の種類について、このページで触れていきたいと思います。

炭水化物は糖質と食物繊維を合わせたもの

「炭水化物=糖質」というイメージを持つこともありますよね。具体的には、糖質と食物繊維を合わせたものが炭水化物になります。

炭水化物全体が糖質ではないという事だけ覚えておきましょう。

では、糖質にはどういう種類があるのでしょうか。

糖質の種類

この糖質には、以下のような種類があります。

  • 単糖(ブドウ糖、果糖、ガラクトースなど)
  • オリゴ糖
  • 多糖(デンプンなど)
  • 糖アルコール

これらが、いわゆる糖質と呼ばれているものです。

また、オリゴ糖は、二糖類と三糖類に分けられ、二糖類には、ショ糖、乳糖、麦芽糖などが含まれます。

何となく、「糖質=ブドウ糖」が結びついて考えそうです。実際には、これだけの複数に分かれているんですね。

血糖値を上げる糖質は?

このうち、人のエネルギー源の一つとして使われ、血液中に増えると血糖値を上げる原因となるのはブドウ糖です。そんな糖質の中で要注意なのは、以下の3つです。

  • ブドウ糖
  • ショ糖(ブドウ糖+果糖)
  • 加熱されたデンプン

どれも共通して、ブドウ糖を多く占める糖質という事がわかります。そして、これらの摂取を可能な限り抑える事が「糖質制限」となるそうです。

「炭水化物は控えなくて良いの?」と感じるかもしれません。炭水化物の中には、糖質が少なく食物繊維が豊富なものもあるので、特に控える必要は無いと言われています。

また、最近では、様々な加工食品に、果糖ブドウ糖液糖やブドウ糖果糖液糖が含まれています。これらも、同様に制限すべき対象となります。

これらの甘味料は、ジャガイモやトウモロコシなどを原料とし、製造コストを安くする為に用いられています。果糖を多く含むこれらも、体にとってはあまりよろしくないようです。

果糖が体に与える影響

果糖(フルクトース)でも、同じように、血糖値が上がると思われている場合があるかもしれません。実際には、肝臓で代謝されて速やかに中性脂肪となる為、血糖値を上げる作用はあまり無いそうです。

しかし、果糖は、エチルアルコールなどと同じように肝臓で処理されます。

また、果糖を取り過ぎたときは、乳酸、脂肪酸、コレステロールなどの中間代謝物の形で貯蔵される為、肥満を起こす原因ともなるそうです。

関連するページ

MENU