グルテンフリーの食生活は体調にどんな変化がある?

心当たりが無い不調はグルテンが関係しているかも

特に心当たりが無いのに体調が優れ無い場合、それは、食生活におけるグルテンが関与している場合も有るそうです。

特に、以下のような状態が慢性的に続いている場合は、一度、食生活を見直す必要があるかもしれません。

  • 疲れている訳ではないのに全くやる気が出ない
  • 突然イライラする
  • 集中力がもたない
  • 関節が痛い
  • 肌荒れがひどい
  • 昼間にすごい眠気
  • 便秘や下痢が続く

こうした症状が、一気に来られたら困りますが、1つ2つくらいなら放置してしまう場合が多いのではないでしょうか。

それが、毎日のように続くなら、ちょっと考え物です。

グルテンフリーは糖尿病も防止する?

最近、糖尿病の患者の年齢層が若年化しつつあると聞きます。

一昔前は、糖尿病なんて生まれつきのタイプじゃなければ、中年の後半くらいで発症する事が多かったようですが、今では、バリバリ働く30~40代で発症するケースも増えていると言われています。

この糖尿病年齢の若年化にグルテンが関与しているという情報もありました。

グルテンは、小麦や大麦、ライ麦に含まれるタンパク質の一種ですが、正確には、グルテン前駆体(グリアジン・グルテニン)を含む小麦粉を水でこねると、生成されるそうです。

また、ヒトはグルテンを消化する酵素を持っていない事。グルテンを多く含んでいる食品は、同時にGI値が高いものが多い事が関係しているようです。

GI値とはどういう指標?

GI値というのは、グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略称で、その食品が体内に吸収され糖となるまでの速度を表す数値だそうです。

ブドウ糖が100%となっていて、この数値に近ければ近いほど、体内に吸収されて糖になるまでの時間が早いというとですね。

調べてみると、GI値の高い食品には以下のようなものがありました。

  • 菓子パン類:95
  • チョコレート:91
  • ドーナツ:86
  • バターロール:83
  • ナン:82
  • ライ麦パン:58

確かに、グルテンが多い食費とGI値が高い食費は、関係があるように思えます。これらのベースの多くは小麦が含まれています。

GI値の事も踏まえると、グルテンそのものが糖尿病の原因として関わっているのではなく、グルテンが多い食材に共通しているGI値の高さが結果として、糖尿病に関わっているのかなと思いました。

関連するページ

MENU