果糖ブドウ糖液糖とブドウ糖果糖液糖は別物?

含有量により名前が異なる

現代、あらゆる加工食品やジュースなどに含まれる果糖ブドウ糖液糖やブドウ糖果糖液糖という甘味料がありますが、いったいどういうものなのでしょうか。

砂糖に代わる甘味料として、カロリーオフのものなど様々なものが出てきていますが、これらと同じようなものなのでしょうか。

果糖ブドウ糖液糖とは

ウィキペディアには、『果糖含有率が 50 % 以上 90 % 未満のもの。』と記されていました。

ブドウ糖果糖液糖とは

同じくウィキペディアには、『果糖含有率(糖のうちの果糖の割合)が 50 % 未満のもの。』と記されています。

つまりこれらの違いは、果糖含有率によって呼び方が異なるということですね。単純に考えて、量が多い順番に名前が付いているいうことなのだとわかります。

ちゃんと、名前の違いに意味があるということがわかりました。

もう少し調べてみると、清涼飲料水には、果糖ブドウ糖液糖の方が使われることが多いようです。その理由は、冷やした方が甘みを感じやすいという果糖の性質が関係しているようです。

また、これらの他に高果糖液糖というものもあります。

これも同じように、果糖含有率の違いによる分類で、果糖が90%以上のものに当たるそうです。つまり、ほぼ果糖。

ではなぜ、これらの原料が普及しているのかというと、砂糖に代わる甘味料として、「万が一砂糖がなくなった場合に備えて」だそうです。

砂糖とは製造方法が異なる

砂糖との違いは?

では、これらの異性化糖は、砂糖とどのように違うのでしょうか。それ次第で、体にとって悪いものかどうか判断出来るかもしれません。

まず、果糖ブドウ糖液糖、ブドウ糖果糖液糖という名前からもわかるとおり、含まれる成分は、果糖とブドウ糖の2種類になるのですが、これらを作る時に使われるのは、トウモロコシやジャガイモ、そして、サツマイモに含まれるデンプンです。

これに対し、砂糖は、サトウキビやてん菜を絞って作られるという違いがあります。

これらの大きな違いは、製造方法です。

砂糖は、サトウキビやてん菜から抽出したものを精製するばできますが、対する異性化糖は、原材料に含まれるデンプンを3回の酵素反応と精製、そして、濃縮によって作られます。

簡単に考えれば、昔ながらの方法で取り出すことが出来る甘味料と、酵素反応など、現代化学によって出来た方法という違いがあります。

これらは本当に同じ甘味料と言えるのか、その辺は、やはり疑問でしかありません。異性化糖は、自然に存在しているものではないので、それが、人間の体に何らかの問題が無いのかというのは気になるところです。

個人的には、昔ながらの方法で精製することが出来る砂糖の方が安心します。

消費者が自分で判断する時代

最近では、糖尿病患者などに対する需要として、カロリーゼロの人工甘味料が注目されていますが、それらを常用するとインスリン耐性が付いてしまい、結局、更に症状を悪化させてしまう事が懸念されています。

このように、身近に有りながら口にすべきではないものというもの沢山あるので、消費者もそれらを確認し自分で判断するという選択を取らなくてはいけません。

様々な方法で、それらの安定性や有用性を知らしめるような研究発表などありますが、結局は、ビジネスが絡んでいるというのは往々にしてあるものです。

安全性という考え方も曖昧なもので、一つの加工食品に含まれる人工甘味料などの割合は少ないとしても、それが様々な加工食品に含まれているとなれば、本当に安全なのかという疑問が残ります。

そうしたことを踏まえても、それらを口にする消費者の責任となるので、私としては、異性化糖を含む加工食品やジュースは、できるだけ購入しないように心がけたいものです。

関連するページ

MENU