人工甘味料とはどういうもの?

人工甘味料の使用目的

それは、「カロリー(ほぼ)ゼロで甘さが得られること」ですよね。

製造面においても、砂糖より製造コストや原材料が安く手に入るなどの関わりもあると思います。特に、トウモロコシを原料としている人工甘味料など増えていますよね。

でも、実際にカロリーはゼロでも要注意。これは、多くの人が何となくでも実感している事かもしれません。

人工甘味料にはどういう性質がある?

人工甘味料はどういう特徴があるのか調べてみました。

  • 人工甘味料は、インスリンの生成を刺激しない
  • レプチン(食欲抑制ホルモン)が分泌されない

人工甘味料では、インスリンが分泌されるという情報もありますが、インスリンの生成(分泌刺激)されないそうです。

人工甘味料でインスリンが分泌されたらどうなる?

ゼロカロリーコーラを一気飲みした時の事を考えてもらえればすぐわかります。

もしも、カロリーゼロの人工甘味料でインスリンが大量に分泌されたら、みんな低血糖で倒れてしまいます・・・。

という事を解説されていた先生のブログがありました。

http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2012-06-04

説明がわかりやすかったので、当サイトでも人工甘味料の影響でインスリンが分泌されにくくなる方向で話しを進めていきます。

人工甘味料でなぜ甘さを感じる?

人工甘味料が砂糖(ショ糖)と同じように甘さを感じるのは、舌の味蕾にある甘味受容体が刺激されるからだそうです。

また、膵臓の中にもこの甘味受容体に似たグルコレセプター(受容体)があり、これが、ブドウ糖と結合する事でインスリンが分泌されると考えられているそうです。

  • 舌の甘味受容体が人工甘味料で刺激されても、インスリンは分泌されない
  • グルコレセプターにブドウ糖が結合するとインスリンが分泌されるらしい

結局、人工甘味料は安全?

これも色々な情報があるようですが、人工甘味料の摂取が日常的になってしまうと、インスリンの分泌が悪くなる場合があるとも言われています。

甘味受容体が刺激されて甘さを感じても、実際に、ブドウ糖が取り込まれないという状態が習慣化すると、インスリンの分泌が悪くなってしまい、今度は、ブドウ糖を豊富に含む食品を摂取した時に血糖値が下がりにくくなることが心配されているようです。

また、冒頭にも書いてあるように、インスリンが分泌されないと、レプチンという食欲を抑える働きをするホルモンが分泌されないそうですから、極端に人工甘味料に偏った生活はよろしくなさそうです・・・。

血糖値も下がらず食欲も収まらないなんて事態には、注意したいものですね。

結局食べ過ぎてしまいそう

カロリーを制限する目的で人工甘味料を使っているのに、それが原因で、食欲が収まらず食べ過ぎてしまうようでは、意味がなくなってしまいますね・・・。

高血糖を気にするあまり、人工甘味料に依存した生活を送ってしまうことで、結果として、糖尿病が悪化してしまうなんてことが無いように気を付けていきましょう。

消費者側に出来ること

今後も様々な人工甘味料が作られ様々な食品に含まれるようになっても、私たち消費者が変わらずに出来ることがあります。

それは、人工甘味料を近づけない生活。

できるだけ加工食品を遠ざけて、安全性の確認されている食品を使うように心がけることなら、誰にでも出来ることだと思います。

徹底的に制限してしまうと、例えばスーパーでの買い物がほとんどできなくなってしまったり、外食などの機会がなくなってしまうかもしれないので、それはそれで楽しみがなくなってしまいますので、「できるだけ遠ざける」というくらいのスタンスを保つのが、気持ちにも身体にもバランスが良いのかなと思いました。

関連するページ

MENU