断酒を7年継続してみて感じた変化

30歳から始めた断酒生活で得たもの

健康の為にも、お酒との関係を見直したいと思っている人も少なくないと思います。

このお酒(アルコール)というのは、少量なら健康増進、飲み過ぎると糖尿病の悪化にもなるという二面性を持ちます。

意外と意識されにくいことですが、アルコールのエネルギー量は、1gあたり7kcalもあり、脂肪の次に高いカロリーなんです。

つまり、お酒の種類で太るのではなく、アルコールそのもので太るということですね。

理想は自分で飲む量を制限できる節酒だと思いますが、実際に7年半断酒を継続した経験を踏まえると、節酒は、断酒より難しいと感じました。

そのくらい依存性が高いというか、酔って判断が曖昧になることで、制限が効かなくなってしまうものです。

会社員時代のストレスによる深酒

そんな私も、20代の頃は、会社でのストレスなどからお酒を飲む量が日に日に増え、アルコール依存症の一歩手前のような状況になった事がありました。

元々お酒が強くないものの、連日飲み続けると体が慣れてしまい次第に酔えなくなってきたので、あまりお金のかからない安くて普通の瓶より量の多いワインを買ってきては飲んだりもしていたものです。

その後、勤めていた会社を退職したのと同時に断酒を開始したのですが、かれこれ7年半ほど継続する事ができました。

アル中一歩手前から7年も断酒できた理由

私も当時は、「酒を断とうにも断てない・・・」という精神状態だったので、そこからの7年間の断酒は、簡単なものではありませんでした。

ただ、自分がどういうタイミングでお酒を飲みたくなるのか考えてみたところ、一つのきっかけがありました。

それは、「少しでも飲むと止まらなくなる」です。

その当時、私自身の性格上、お酒を根底から脱しない限り、解決には至らないと判断したので、一切飲まない側に振り切れてみる事にしたのです。

お酒の関わる環境を遠ざける

断酒の為に人付き合いも制限したり、コンビニなどに立ち寄る機会も意図的に減らしたりと、お酒そのものから距離を置く生活を続けていたものです。

そうこうしていくうちに、お酒の必要性を感じなくなったのと同時に、お酒がある事で起こるいろいろな弊害についても考えるようになりました。

断酒のメリットを考える

例えば、酒代。

完全にお酒を断てば、その分のお金が節約できるというのは、初級編。

他にも、車をいつでも運転できる自由など、お酒に縛られない事で精神的にも実生活においても自由が広がると考えたら、自然と断酒を続ける意味が生まれてきたものです。

断酒期間が長くなるほど、今までお酒に使ってきたお金を貯金できているのと同じようなものです。

そうした、お酒が無くなることで得られるメリットを沢山考えていくと、ポジティブに断酒を続けていくことが出来るだけでなく、結果として、続いたことに自信が持てるようになります。

可能なら節酒に切り替える

できる事なら、そこから節酒という方法ももちろん良いと思います。

やはり、普通に生活していれば様々な人付き合いなどがあるので、個人的な理由でどのような場面でもお酒を飲まないというのは、人付き合いに悪影響を与えることも有るかもしれません。

「心を鬼にして自分を戒める」という強い意志を持っているのであれば、気にしなくて良いことかもしれませんが、いつでも、飲酒をコントロール出来る状態にあれば、自分の健康なども考えつつ人との距離感も保つことが出来るようになります。

関連するページ

MENU