朝起きた時に人生で一番キツイ目眩に襲われた・・・

良性発作性頭位めまい症と呼ぶそうです

以前の事ですが、布団から起き上がろうとした時に、突然、ものすごい目眩に襲われて身動きが取れなくなった事がありました。

今まで感じたことのないレベルのひどい目眩です。

インフルエンザで体調不良になった時よりも、泥酔した時よりもひどい目眩で、自分でも何が何だか分かりませんでした・・・。

でも、寒気も無いし、風邪を引いたわけでも無さそうなんです。

その感覚からして、「これは、ヤバイかもしれない」と思ったので、医者に行こうと考えたのですが、運悪く日曜日・・・。

スマホで少し調べてみたら、この場合は、耳鼻科に行くべきという事だったので、耳鼻科の当直医を探すも午前中で診察終了で行けず。

詰んだ・・・。

そのひどい目眩は、頭の位置を動かさずに状態で我慢していると次第に収まってくる事が分かったので、なんとか起き上がりトイレに向かったのですが、少し頭を下げただけで、再びものすごい目眩が襲ってきて吐き気を催す程です。

何も出すものが無い状態での吐き気ほどツライものはありません。

目眩が少し落ち着いたので、今度は、洗面所へと向かい試しに前屈みになってみたら、最初は、何も起こらなかったのですが、1秒か2秒くらいのタイムラグが有ってから、急激に目眩で立っているのがやっとの状態でなんとか洗面所にしがみついて状態を維持。

これは、どうにもならんなと思ったものの、とりあえず、水分補給して寝たら少しは回復するかもしれないと思って、ミネラルウォーターに塩を混ぜたものを飲み、なだれ込むように布団に横になってから2時間、3時間・・・。

少し睡眠を取ったのですが、状況は、全く変わらず・・・。

いやー、焦りました。

その間に、これがどういうものなのか調べてみたら、どうやら”良性発作性頭位めまい症”というものだと知り、その原因は、三半規管の中にある耳石(じせき)というカルシウムの粒が後半規管に入り込む事で起こると知りました。

この耳石というのは、老化によってはがれ落ちやすくなるそうです。

ああ、年ですね・・・。

でも、それがあまりにも突然起こったので、何か自分に原因があるのではないかと思って考えてみたところ、有ったんです。

その原因と思われる事が・・・。

それは、布団に入ったまま、うつぶせでスマホをいじっていた事。

最近は、布団に入ってうつぶせでiPadで動画を見たり、スマホをいじったりしている事が多かったのですが、何となく良くない姿勢だなと感じていました。

普段は、目を覚ましたらそのまますくっと起き上がるのですが、なぜか、スマホをいじっていて、起き上がろうと仰向けになった瞬間に目眩に襲われたので、原因は、コレかもしれません。

そんな冷静な分析は後回しでも良いのですが、少し横を向いただけでものすごい勢いで起こる目眩をどうにか解消しなくてはなりません。

そこで、試しにユーチューブで「良性発作性頭位めまい症」と調べてみたら、解消方法のような動画が有ったのですが、その方法を試せば、9割方の人が治ると言っていて衝撃を受けました。

「こんなひどい目眩が簡単に治るのっ!?」

そう思ったのは言うまでもありません。

でも、その方法を試すにも目眩が酷くて吐き気が収まらないと思ったので、ひとまず、スーパーの薬局コーナーへどうにかたどり着きトラベルミンを購入し帰宅。

早速飲んでみたものの、吐き気は収まらず、結局、飲んだ水分とともに洗面所へ流してしまったのですが、仕方ないと思ってその状態で目眩を治す方法を試してみました。

その方法は、簡単に言えば、後頭部を斜め下に向けた状態で頭を左右に動かすというもので、そうする事で、目眩の原因である後半規管に入り込んだ耳石を流し出す事ができるそうです。

詳しい方法は、動画を探せばすぐ見つけられると思うので省略します。

でも、この治し方自体が至難でした。

肩あたりにクッションを置いて横になり、右を向くと頭を誰かにシェイクされているようなものすごい目眩に襲われ、目を閉じていても具合が悪くてどうにもなりません。そこから、正面を向いてもまた目眩。

そして、左側を向くとまた目眩。

この時起こった目眩があまりにもつらくて動けなくなってしまったので、クッションを肩くらいの位置に置いたまま、とりあえず、横向きで身動き取れなくなっていたのですが、そのまま30分、1時間して、気がついたら、「アレ?治ってる・・・」という状況だったのです。

これも、また衝撃でしたね。笑

その後、試しに洗面所へ行き、前屈みになってみてもおそってくるものすごい目眩は無く、さっきのひどい目眩が嘘だったかのようです。

ちなみに、この良性発作性頭位めまい症を治す方法をエプリー法というらしいですが、本当に9割方治るんだというのを実感しました。

この方法は、結構原始的というか物理的に重力を利用して、耳石を集めて流すという方法のようなのですが、基本仰向けの状態で治していく方法なので、私がスマホをいじりながらやっていたうつぶせの状態は、その反対で、耳石を入り込みやすくしていたのかもしれないなと思いました。

とりあえず、症状が治まった一安心したのと同時に、これからは、布団にうつぶせになってスマホをいじったり、iPadで動画を見たりするのは、恐ろしくてできないなと痛感するきっかけになりました。

この目眩を経験すると、普通に生活できている事がこんなに素晴らしい事なのかと実感するのですが、それも、時間が経てば忘れていくのでしょうか・・・。笑

関連情報