口唇ヘルペスの予防には早めの治療

兆候が出たら早めに薬を飲んだ方が良い

ヘルペス感染症の中でも身近で見た目にも気になる口唇ヘルペスですが、あのピリっとした痛みは、結構辛いものです。神経を通じてウイルスが出てくる為、そうした痛みが出やすくなるので困りものです。

しかも、その後に、水ぶくれとなりその状態が完治するまで、1週間~10日前後は特に注意しなくてはいけません。そのまま放っておくにしても、自分の指で触れたりすれば、そこから自分自身に二次感染する恐れもあるのです。

それだけでも大変なのに、他の人への感染する事も考えられるので、口唇ヘルペス発症中は色々と気がかりな事ばかりです。

このように再発しないためにも、早めのヘルペス治療薬の服用がウイルスの増殖を防ぐ鍵となります。

ヘルペスの治療薬として、効果が高いのはバルトレックスですが、服用のタイミングさえしっかりすれば、少ない服用量でもヘルペスが再発しないで済むという事で常備しておきたい薬の一つです。

でも、ちょっと難点なのが、バルトレックスの価格が高いという事です。1錠あたり、保険適用でも500円以上するらしく、保険適用外で購入するとなるとかなり高価な薬だと言えます。

薬は病院で処方してもらう事が出来ますが、沢山常備しておきたいと思っても、薬が高いだけに処方される量にも制限があり、いざ再発した時には、手元になくてすぐに服用できないという事にも成り兼ねません。

このようにバルトレックスは高いですが、再発の度に薬代が掛かるのも大変です。でも、今では、薬価の抑えられたバルトレックスジェネリックも製造されているので、それを購入すれば薬代も安く抑える事が出来るようになります。

口唇ヘルペスの再発を防ぐには、まずは、生活習慣を乱さないように心がけて、ストレスや疲労を溜め込まないようにする事が大切ですが、更に、万が一に備えて薬を常備しておく事で再発を未然に防ぐ事が出来れば、今までよりも安心して生活できるようになると思います。

関連情報