多汗症には内服薬という方法

効果的だけど取り扱いは注意が必要となりそう

パースピレックスを使用すれば、脇汗を抑えることができるとわかりました。また、ローションタイプのパースピレックスなら手汗を抑える事が出来るようです。しかし、多汗症のレベルになるとこれらでは抑えることができなくなる場合もあります。

その時に何か良い方法が無いかと思い探してみたところ、多汗症の場合、病院では、プロバンサインという薬が処方される事が有るようです。

この薬は、自律神経の働きに作用する薬で、使用することにより消化管平滑筋などのけいれん性痛みの緩和する働きなどがあるようですが、多汗症や夜尿症を抑える効果もあるようです。

特に、全身性多汗症で腋汗や手汗だけでなく、顔や背中、股下、足の裏などから、汗が止まらないという場合でも、プロバンサインを使用する事で、数時間に渡って汗をストップしてくれるようです。

少しの緊張でものすごく汗をかいていたものが、この薬を使う事で汗の心配もなくなれば、生活における快適性というのはかなり向上するように思いました。季節関係なく、全身からの汗がひどいという場合は、この薬を用いるのも一つの解決策となってくれるかもしれません。

関連情報