「A1CNow+」でHbA1cの測定(2回目)

およそ半年ぶりにHbA1cを再チェック

前回のHbA1c測定から半年くらい経過したので、変化を確認するために2回目の測定を行いました。

初回使用時の反省点として、検査液と血液の今後が不十分だった可能性があるとわかりました。

また、食生活も乱れ気味なので、より正確な結果を把握する必要があると感じています。

念のため取扱説明書で確認しつつ、このサイトを開き、手順を思い起こしてみました。

では、測定に入ります。

測定開始

簡易穿刺器を袋から取り出し、採血器+シェーカースタンド、カートリッジを開封します。

簡易穿刺器の保護ピンを抜きます。

今回もACONのランセットは使わず、付属のこちらを使用しました。

指の腹を押しながら血を出し、採血しやすくします。

採血器の先端を血液に触れさせると、すーっと吸い込まれていきます。

採血が済んだら、採血器をシェーカースタンドにセットし、シェーカー内の検査液としっかり混ぜる必要があります。

前回は、この部分がしっかりできていませんでした。

検査液と血液を混ぜたら、カートリッジを測定器本体に差し込みます。

「SMPL(サンプリング)」と表示されたら、スタンバイOKです。

カートリッジ先端の丸い部分に、シェーカーを押し当てると中から混合液が出てきます。後は測定結果が出るまで、5分間待機です。

今回は、ダブルチェックとしてもう一度検査します。

ダブルチェック

HbA1cの測定器は、湿度に弱く販売店では夏場に販売休止時期があります。

所有している「A1CNow+」も長期保管されているものなので、測定誤差も踏まえてダブルチェックを行うことにしました。

測定結果が表示される間に、ダブルチェックの準備をしておきます。

1回目の測定結果が出ました。

数値は、「4.7(%)」で、初回と同じでした。

では、2回目のチェックを進めていきます。

今回は、採血後にシェイカースタンドに差し込んだ後、しっかりと振ったので、こちらの結果がより正確なものかもしれません。

2回目の結果は、「5.0(%)」でした。

測定した時期からさかのぼること3ヶ月間以上、運動不足と食事バランスの乱れの心当たりがあります。

数値の悪いこちらを正確なデータと考え、運動不足、食生活の反省に活かそうと思います。

関連ページ

MENU