カップやきそば2個はちょっとした贅沢

「マルちゃんのやきそば弁当」ご存じですか?

北海道で知名度一番のカップ焼きそばと言えば、マルちゃんのやきそば弁当です。

大学進学で本州へ出てきた時、スーパーでやきそば弁当が売ってないことに驚いた位、普通に全国的に売られているものだと思っていたものです。

本州だと、ペヤングが似てますよね。

昔の焼きそば弁当もあの形でした。

何はともあれ、今回は、やきそば弁当を一度に食べるというちょっとした贅沢。しかし、その中身は、ほぼ麺、ほぼ炭水化物ということで、どこまで血糖値が上昇するのか、検証していきたいと思います。

準備

お湯を注いでいきます。

やきそば弁当は、スープの素が付いてくるんですが、麺に使ったお湯と混ぜる事でまっさらなお湯を使うのとは異なるコクが生まれるんですねぇ。

よく考えられています。

できました。

中学校くらいの頃は、やきそば弁当にご飯を追加して食べていたのが懐かしい記憶です。

測定結果

食前:75mg/dL

血糖値測定の検証を行う日は、条件を同じにする為、毎回空腹状態から行っています。

食後すぐ:158mg/dL

ほぼ炭水化物のみをダイレクトに摂取したので、やはり血糖値の上がり方が著しいです。

食後30分:136mg/dL

下がってきました。

食後すぐがピークでそこから下がってきたということは、食事中が最も高い血糖値となっていることも考えられますね。

食後1時間:128mg/dL

30分経過しましたが、ほぼ横ばい。

とりあえず、1時間の数値でこのくらいであれば、横ばいが続くか、それとも、少しずつ下がっていくかのどちらかだと思うので、今回の検証はここで終了します。

昼食にゆっくり食事を取る時間が無いという場合やすぐにエネルギーになるものを食べたいというなら、カップ麺は、最適な選択肢の一つ。

因みに、カップ麺業界の創始者であり、日清の創立者である安藤百福さんは、チキンラーメンを毎日食べていたというのは有名な話ですよね。

御年96歳という長生きできた理由は、チキンラーメンと小食、そして、運動が関係しているというような話を見たことがあります。

という事で、次回のインスタントラーメン検証は、チキンラーメンにしようかなと思います。

関連するページ

MENU