サツマイモ2本で血糖値の変化を記録

サツマイモなら鳴門金時!

秋くらいになると、サツマイモや栗が食べたくなる人も少なくないと思いますが、私は、オーブンレンジを購入してから季節関係なくサツマイモが食べたくなります。

それに、スーパーに行くと、石焼き芋が売られていて、あのニオイにつられてツイツイ買ってしまいたくなるものですが、ちょっとニオイが強すぎて、スーパーから帰ってくるとちょっとクサイのはどうにかなりませんかね・・・。笑

今回は、こちらのサツマイモ2個。

品種は鳴門金時。
ほのかな甘みで飽きの来ない味です。

「甘さ至上主義」のサツマイモが横行していますが、正直言って食べ飽きます。

栗に近いような、水気がそんなになく若干甘いくらいのサツマイモが一番美味しいと思うんですが・・・。

測定結果

食前:94mg/dL

今日は、空腹時でもちょっと高めでした。

食後すぐ:111mg/dL

やっぱり、鳴門金時は、甘さが控えめという事もあり、血糖値の上がり具合も緩やかです。

食後30分:116mg/dL

食後すぐと比べても、ほぼ横ばい。

食後1時間:118mg/dL

やや上がりましたが、測定誤差の範囲内なので相変わらず横ばい。

食後1時間30分:111mg/dL

キープ。

気持ち良いくらい、血糖値を安定させてくれています。

サツマイモは、知っての通り食物繊維も豊富な事もあり、消化吸収がゆっくり行われていて、それが、安定した血糖値に繋がっているのだと感じます。

しかも、甘さ控え目の品種を選んだ事がもたらした結果だと思います。

サツマイモを食べるなら、鳴門金時、オススメです!

関連するページ

MENU