夕食のラーメンと餃子が太りやすい理由を探してみる

ラーメンは塩味が好きです

お酒を飲み歩いた後、〆のラーメンを食べられる感覚が未だにわかりません。笑

熱々スープを味わいたいので、塩こしょうも入れません。

そんなどうでも良いこだわりからスタートする今回の検証は、夕食にラーメンと餃子のみを食べた場合に、血糖値がどのくらい上がるのかです。

〆のラーメンが好きという人、特に中年のおじさま方は、メタボさんが多い印象をどうしても持ってしまうので、「血糖値も上がりやすいに決まっている!」としか思えません。

今回の検証で、その辺が数値にはっきり表れればいいなと思っています。

測定結果

食後10分:108mg/dL

今回は、外出したということもあり空腹時の血糖値を測定していません。

食後すぐなので妥当な範囲だと思います。

食後30分:149mg/dL・137mg/dL

そこから20分で、150くらいまで上がってきました。

採血の仕方がちょっと気になったので、ダブルチェックしてみるもだいたい同じくらいの範囲内でした。

食後1時間:134mg/dL

食後1時間経過した段階で、130台で留まってくれています。

あれ、意外と大丈夫そうですね。

食後1時間30分:128mg/dL・126mg/dL

ゆるやかーに、下降している感じです。

食後2時間:87mg/dL・96mg/dL

食後2時間の段階で、むしろ下がりすぎなんじゃないかというくらいまで下がってしまいました。こんなもんなんでしょうか・・・。

今回は、スープもほぼ完食したので、食事の全体の量に対する炭水化物の割合という部分で意外と大丈夫だったのかもしれません。

ということで、血糖値の上昇を抑える為には、汁物を多めにするのが良いかもしれないなと、今回の検証で何となく感じました。

関連するページ

MENU