ミスドの定番ドーナツ5個で血糖値を検証

今回はカロリー表も付けました

時々無性に食べたくなるミスタードーナッツです。

子供の頃は、日曜日に家族で出かけた時は、帰りにミスドを買ってくるのが定番でした。

懐かしい、いい思い出です。

だいたい定番でこの感じになっているんですが、ほぼ、子供の頃から、好きなドーナッツは変わっていない気がします。

ただ、最近は、シナモン系も割と好きになってきたんですが、味覚や嗅覚が変わって苦手だったものが食べられるようになるのは、老化現象の一種と言われているそうです・・・。

色々と受け入れていきましょう!

という事で、今回は、ミスドの公式サイトでカロリー表が掲載されていたので、そちらの情報も引用してみました。

商品名 カロリー 炭水化物量
エンゼルフレンチ 201kcal 12.7g
チョコファッション 364kcal 31.3g
チョコリング 273kcal 23.2g
ダブルチョコレート 267kcal 26.1g
ココナツチョコレート 268kcal 29.4g
総カロリー 1373kcal 122.7g

【参考】https://www.misterdonut.jp/m_menu/eiyou/eiyou.pdf

測定結果

食前:68mg/dL

例のごとく、空腹時の血糖値は低い方ですが、その中でも、さらに低い数値でした。

そういえば、低血糖状態が長くなると、ケトーシスとなって血液が酸化するというような情報を見た気がするんですが、どうなのでしょうか?

調べてみると、短期間のケトーシスの場合、ヒトの身体には代償機能が備わっていて、血液中の炭酸イオンがあるお陰で酸性になるのを防ぐバッファー機能が働くのだそうです。

ケトーシスについても、もう少ししっかり調べないと確かな事はわからない気がしますが、とりあえず、短期間のケトーシスは心配いらないということがわかりました。

食後すぐ:115mg/dL

血糖値の上昇具合は、パンを食べた時と同じような感じに思えます。

食後30分:131mg/dL

上がってきました。こちらも、パンの時とほぼ一緒の上がり具合に思えます。

食後1時間:115mg/dL

落ちてきました。血糖値のピークはもう過ぎたようです。

食後1時間30分:110mg/dL

下がってきましたね。

ケーキの時にも感じている違和感ですが、食べている時に甘さを十分感じているのにも関わらず、このように測定してみると、意外と血糖値が上がらないという結果になっています。

もしかして、この甘さの正体は、人工甘味料によるものなのか気になってしまいました。

調べていると、エンゼルフレンチには、異性化液糖が使われているとの事です。

異性化液糖とは、果糖ぶどう糖液糖やぶどう糖果糖液糖という甘味料で、これらは、天然甘味料に分類されるそうです。

しかし、酵素による反応を経て異性化する為、人工的な手段が用いられている甘味料ということで、なんだかふわふわしますね。

関連するページ

MENU