玄米入り食パン一斤を一度に食べたらどうなる?

さすがに食べ飽きるレベル・・・

「あ・・・、玄米入りの食パンが美味そう」と思って買ってきた衝動ついでに、血糖値測定の検証をしてみることにしました。

「血糖値測定の検証」という大義名分を掲げる事で、栄養バランスを考えずに偏食を繰り返しているというのは、なんとも反省しなくてはいけないなと思いますが、この検証を重ねることによって得られる経験が将来的な健康に繋がっていくのを願っておきたいと思います。

さて、やりますか!

このほぼ一斤の玄米食パンを一度に食べきってみたいと思います。前日に2割程度食べたので、残り8割位の量ですが結構なボリュームです。

測定結果

食事前:74mg/dL

この時期は、冬まっただ中です。

朝は、特製ドリンクのみで雪かきで軽く運動しましたが、運動してもしなくても空腹状態での血糖値はいつもこんな感じです。

オーブンレンジで軽く焼きます。

直径24cmの皿からはみ出しそうな大きさです。

食べる前から、お腹が満たされそうな見た目です。

こういう大きなパンを見ると、昔の童話系アニメに出てきたパンとスープを見て「美味しそうだなぁ」と思っていた子供の頃を思い出します。笑

さすがに何も付けないまま食べるのは厳しいので、最近「パンにはコレ!」という組み合わせの「塩コショウを入れたオリーブオイル」で食べます。

健康の為に、食用油をオリーブオイルにして、サラダにかけたり、このようなパンを食べるときに用いているのですが、塩コショウとの相性は抜群です。

確か、パンの原料って塩も砂糖も結構使われているんですよね・・・。

これだけのパンに含まれる糖質も怖いですが、食塩も相当使っている気がしなく有りません。血糖値を気にしてばかりいて、実は、腎臓の方をやらかしているのではなかろうかという事も考えてしまいますね・・・。

糖質は、膵臓。
塩分は、腎臓。

この辺は、また別の問題として、どこかのタイミングで考えていかなければいけませんね。

食後すぐ:127mg/dL

食前からで考えると「+53mg/dL」という上昇量ですが、いつも朝食を抜いて、昼食でダイレクトにこういうものを食べるんだから、まあ、このくらいの変化は、毎度のことです。

食後30分:94mg/dL

あれ・・・、下がりましたね。とりあえず、様子見。

食後1時間:102mg/dL

やっぱり、下がってますね。

あれだけの量のパンを食べて、血糖値がこんなにも上がらないというのも、ちょっと不気味な気がします。

パンが原因なのでしょうか、それとも、私の体が壊れつつあるのでしょうか・・・。

食後1時間30分:98mg/dL

安定してます。

30分前の「102mg/dL」という数値は、エラーではなくて正しかったということが今回の結果で分かってしまいました。

毎度のことですが、血糖値が上がらなかったという結果は喜ばしい事です。でも、なんか腑に落ちないというか、想定通りにいかないというか・・・。

食後2時間:102mg/dL

という事で、結構な量の玄米パンを食べても思っていたより血糖値は上がる事なく2時間経過したので、測定終了となりました。

今回の検証で、血糖値が上がらなかった要因が玄米食パンにあるのか、それとも、雪かきが思った以上の運動になっていたのか。もしくは、実はオリーブオイルのお陰?など、正直よくわかりません。

健康の為には、食べた分運動するというサイクルではなく、運動して消費した分補うという出してから入れる方が良いそうなので、それを考えると、朝の雪かきでカロリーを消費した後にエネルギーを補給するという今回のサイクルは、結果的に、血糖値の安定という意味でも良かったのかもしれません。

何はともあれ、相変わらず、中々掴めない測定結果となったことを踏まえると、やはり、糖尿病である無し関係なく血糖値測定器を活用して色々と検証することは、経験を積むという意味でも必要な事なんだなと改めて思いました。

関連するページ

MENU