パンを5個にしたらどうなる?検証!

パン食後は空腹になると手が軽く震える

おなじみのパンでの血糖値検証シリーズ。今回は、総菜パン、小さいフランスパン、塩パン、カボチャあんパン、クリームパンです。

結局、パンが無性に食べたくなる事が度々あるので、まとめて食べて血糖値のデータも取ろうという魂胆なのは言うまでも有りません。笑

測定結果

食前:78mg/dL(朝はヨーグルトのみ)

まだ朝食を食べない生活を続けているんですが、朝は、さすがに何も食べないのはきついので、ヨーグルトを摂り入れるようになってきました。

食後すぐ:135mg/dL

いつものように、食後の血糖値は、125mg/dLくらいから+10mg/dLくらいになっていることが多いですね。

食後30分:112mg/dL

あれ?パンの数を増やしたので、前回の検証よりも糖質の量も多い気がするんですが、意外と血糖値は上がりませんでした。

食後30分(再チェック):121mg/dL

念の為の再チェックしてみても、このくらいでした。

食後1時間:116mg/dL

意外と上がらなかったのに、30分過ぎても、意外と下がっていません・・・。

うーん、自分の体ながら中々法則性を掴ませてくれません・・・。

食後1時間30分:102mg/dL

下がってきましたね。

ピークの血糖値が高くないので、パンを多めに食べても血糖値の上昇具合は思ったほど心配ないのかなという気がしますが、どうなんでしょうか。

栄養バランスという意味では、よろしくないのは十分に承知していますが・・・。笑

食後2時間:128mg/dL

と、完全に、気を抜いていたんですが、ここに来て血糖値が130mg/dLにまでなってしまいました。全く何なんでしょうか・・・。

よくよく考えてみると、針の支え方があまり良くなくて、血液を無理やり絞り出すようにした後にセンサーに付けたので、誤差が出やすかったのかもしれません。

食後2時間(再チェック):110mg/dL

念の為再チェックしてみると、やはり、横ばいといったところでしょうか。

食後2時間30分:100mg/dL

ここにきてようやく下がってきました。とりあえず、ピークは、135mg/dLというまさかの食後すぐの段階。そこからは、微妙な乱高下。

パン4個で血糖値を測定した1回目で、「パンだけの食事の後は、空腹になると手が震えることがある」という内容を書きましたが、今回も同じような感じがありました。

他の実験で、体脂肪を出来るだけ減らすようにしているので、そもそも、体内に蓄積してあるブドウ糖の量が足りていないのか、それともパンが原因なのか・・・。

うーん、まだまだ判断が難しいところです。

関連するページ

MENU