パン4個で血糖値記録(その1)

上がりやすく落ちにくい、しかも・・・

以前、パンを食べた後に血糖値がどのくらい上がるのかチェックしてみたところ、数値の上がり具合にびびったことありました。

パンはグルテン云々だからでもあるだろうけど、GI値が高いからだろうけど、血糖値がわかりやすく急上昇したので驚いたものです。

ということで、これから数回にわたって、パンを食べた場合にどのように血糖値が変化するのか、記録していきたいと思います。

食前の血糖値:74mg/dL

昼食でパンを食べる前の記録ですが、別の実験で午前中に食事を摂らないようにしているので、いつもこのくらいの血糖値になることが多い気がします。

今回の食事内容。

ヨモギあんパン、塩パン、くるみパン、チョコチップくるみパン。

果たしてどの位上がるのか気になります。

測定結果

食後すぐ(13時20分)

食後すぐに測定した血糖値は、食前からプラス44mg/dLと考えると結構な上がり具合かなと思いますが、糖尿病を気にしないといけない血糖値で考えると特に問題はありませんね。

食後40分ほど(13時59分)

時間計算を見誤り、食後40分となりました。ここがピークでした。

食後1時間10分ほど(14時31分)

食後2時間値で考えれば、全然余裕の数値です。

食後1時間40分ほど(15時06分)

ようやく100mg/dLを切りました。

今回は、140mg/dLまでは行かなかったものの、割とそれに近しい値が出たこと。また、血糖値の下がり具合もちょっと遅いかなというのが個人的印象です。

パンだけみたいな偏った食事をしたからかもしれませんが、パンだけを食べた後って、数時間して空腹感が現れてくると手が震えてくる事があるんですよね・・・。

これは何なんでしょうかね・・・。

ただ単に摂取カロリーが足りないだけだったのか、それとも、グルテンが何か影響しているのかと気になってしまうところですが、とりあえず、血糖値だけ見れば、パン食は、そこまで問題視しなくても良いのかもしれないなと感じてしまいます。

関連するページ

MENU