【検証記録】血糖値を上げやすい食材・食品を探せ!

血糖値が急上昇する食品を探す

「これを食べたら、どのくらい上がるかな?」を把握する為に食品実験を行いました。

血糖値を上げやすいものとそうでないものが具体的になれば、これからの食生活をコントロールする術を身につける事が出来ます。

今まで、検証してきた内容は、以下の通りです。

大半は、自分の好きなものを中心に、偏食して血糖値の変化を記録しています。

糖尿病の判断基準

検証の目安となる、糖尿病型と正常型の血糖値を掲載しておきます。

糖尿病型

  • 早朝の空腹時に測定した際の血糖値が【126mg/dL以上】
  • 75g OGTTで2時間値が【200mg/dL以上】
  • 臨時血糖値が【200mg/dL以上】
  • HbA1cが【6.5%以上】

糖尿病型と判定された場合、別の日にも検査を行い再び糖尿病型と判定されると糖尿病という診断になるそうです。

正常型

  • 早朝空腹時血糖値が【110mg/dL未満】
  • 75g OGTTで2時間値が【140mg/dL未満】

正常型でも75g OGTTの1時間値が「180mg/dL」以上の場合は糖尿病へ悪化するかもしれないこと、正常型でも空腹時が110mg/dL未満に近い場合は、正常高値と判定されるそうです。

現在、血糖が正常値内であるとすれば、それを維持する為にはどのような食事が適しているかを把握する為、境界型に居る場合は、血糖値を上げる食品が何かを把握し正常値に近づける為に血糖値測定する必要性を感じられるのではないでしょうか。

正常値は空腹時110mg/dL以下が目安

「空腹時の血糖値が110mg/dL以下」なら、セーフです。

75g OGTTで検査した場合、2時間後の血糖値が140mg/dL以下であれば、正常な血糖値であると判断されるようです。

この検査を行うのは、高血糖である可能性を持っている人で誰でも行うわけではないにしろ、この数値を覚えておけば、今の血糖値がどの位なのか把握する上で目安となってくれるのではないでしょうか。

ただし、正常値範囲内だからといっても安心できるわけではなく、上限に近ければ近い程、高血糖になる可能性があり、そのまま行くと糖尿病の発症リスクをあげてしまうかもしれない事には注意したいですね。

血糖値の高さによって、正常型と糖尿病型に分類されます。そのどちらにも属さない境界型という分類は、糖尿病ではないものの、注意が必要な血糖値の数値という事で間違いなさそうです。

食後高血糖も要注意

食後高血糖のメカニズムは、結局は、インスリン抵抗性だそうです。耐糖能異常状態にあり、血糖値を戻す働きが非常に弱くなっているかもしれないそうです。

また、この状態が長く続く事で動脈硬化を促進する事もわかっているなど、結構、恐ろしいなという印象があります。

  • 食後高血糖タイプは、糖尿病予備群にも重要な指標
  • 健康な人は、食後2時間で血糖値は140mg/dLまで戻る
  • このタイプは、2時間経っても140mg/dL以上の高い状態が続く
  • 重大な合併症のリスクが高いとわかってきた
  • 空腹時は正常域(110㎎/dL未満)を示す場合も多く油断ならない
  • インスリン量低下の耐糖機能異常状態

重要なのは、食後2時間以上経過しても血糖値が140mg/dLと高いままである事なので、やはり、2時間値が血糖値を確認する上で重要な指標なんだなという事がわかりました。

また、空腹時高血糖と食後高血糖の二つで心血管系のリスクを比較した場合、慢性的な空腹時高血糖より食後高血糖の方が心血管系疾患による死亡リスクが高いそうです。

空腹状態での血糖値が低いと、まだ糖尿病とは無縁でいられると安心してしまいがちです。

しかし、病気のリスクという意味では、食後の血糖値の変化具合の方が直結しているようなので、血糖値の測定も食後を重要視すべきとわかりました。

関連するページ

MENU