書評:炭水化物が人類を滅ぼす

これを読めば、「糖質制限」をすんなり始められる

「糖質の少ない食生活が人類史の99%を占める」と、知ることができました。

この本は、「糖尿病の原因は糖質」という単純な内容ではありません。

なぜ糖質に依存するようになったのかを細胞の生い立ちから研究し、因果関係が詳しく説明されています。

この本の中でも、私が参考になった内容をご紹介していきます。

糖質過剰摂取が低身長、不健康の原因

昭和の前半30年より、弥生時代の方が平均身長が高いことがわかっているそうです。

終戦日(昭和20年)から、10年後。

戦時中は、白米ばかり食べていた軍人に「脚気(かっけ)」が多かった事実からも関連があることがわかります。

日本人の低身長化は、穀物主体の食生活で動物性タンパク質の不足と関係していることがわかっています。

仏教の布教により、「殺生をしてはいけない」という教えが広まり、動物性タンパク質不足が進み低身長が悪化したそうです。

日本の文明化や食糧事情が低身長を進めたことがわかります。

また、乳幼児が離乳時に、死亡率が上昇した原因も穀物主体の食生活とされています。各地の遺跡調査から、離乳食に「穀物がゆ」が用いられる頃から増えたこともわかっているそうです。

500万年の人類史が主体

「糖質主体の食性は、ヒトが長年続けてきたものではない」ことを説明するため、500万年の人類史を遡ります。

単細胞生物、多細胞生物の進化の過程、27億年前に台頭したシアノバクテリアの大繁殖、糖質摂取でドーパミンが分泌される理由、脳のメカニズム、ヒトとチンパンジーの違いなど、多岐にわたり話が展開されています。

それらを含めて、ヒトの食生活がどのように変わったのか、なぜ糖質に依存するようになっていったのかなど、わかりやすく書かれていました。

遊動生活(狩猟採集)と人類の食性

人類史500万年のうち495万年前まで、ヒトは、遊動生活をしていたそうです。

人類史からすれば、1%程度となる「5万年前」までは、移動しながら昆虫や小動物を主に食べる生活だったそうです。

理由は、「食料がそこらじゅうにあった」からです。

7万年前、狩猟に目覚める

狩猟に目覚めたのは、およそ7年前で、この頃から道具を作る知恵が芽生えはじめます。

ここに、ドーパミンの話も関わってきます。

人口密度が高くなったことがきっかけでドーパミンの分泌が増え、シナプスの発達が促されて、道具を作る発明家的なヒトが現れ始めたそうです。

これは、社会性を持つアリなどでも見つかっていて、個体数の密度が高くなると脳が興奮状態となり、ドーパミンの分泌は活性化されるそうです。

遊動生活を終える2万年前頃になり、ようやく狩猟ができるようになり、その後、地球環境の影響(最終氷期)もあり、定住化が進みます。

1万2千年前、加熱したドングリを食べる

ヒトは、木の実が食べられることを知ります。

  • アーモンド:生で食べられる
  • ピスタチオ:生で食べられる
  • ドングリ:生では不味い

火の扱いを覚え始めたヒトの中で、ドングリを焼いて食べるという発想が思いつきます。

この出来事が糖質依存のきかっけと言われています。

加熱したドングリを食べたヒトの血液は、高血糖になりました。

恒常性を保つ働きを担う視床下部は、血管内の異常を察知し、血糖値を下げるために動いた時、A10神経からドーパミンが分泌されてしまいます。

この一部が幸福系の細胞に受容されて、「おいしい」と感じてしまったことで、加熱デンプンに魅了されていったそうです。

1万年前、農耕開始

定住化したヒトは、自分たちの祖先が何を食べてきたかなんて知りません。

わかるのは、本能的な味覚の違いだけです。

  • 「酸っぱい」 → 腐った肉(×)
  • 「苦い」 → 毒(×:植物のアルカロイド)」
  • 「甘い」 → 食べて良い(○)」

定住により、住居の近くで食料を確保する課題が生じるようになりました。

そんな中、家畜のヤギのエサだった野生のコムギを焼いて食べたヒトが現れて、焼いたドングリの時と同様に「おいしい」ことに気づいたのです。

穀物が食料となり、農耕が始まったのは、1万年前と言われているので、人類の歴史上、穀物主体の食生活は、全体の0.2%に過ぎません。

現代、穀物主体

本来、デンプンは、穀物の根や実に備蓄されている非常用エネルギーです。また、生のままでは、動物や昆虫には吸収されません。

植物の貯蔵エネルギーであるデンプンが加熱によってヒトの食料となり、現在の穀物主体の時代となっています。

また、ヒトが依存している物質は、どれも植物由来という共通点があります。

読後感

とても読み応えがありました。

これだけのことを調べ上げるのに、どの程度の時間を費やされたのか気になっただけでなく、考古学すらも真っ向から否定する歯切れの良さに感銘を受けました。

一読すれば、ヒトのメカニズム上、空腹時、疲労時に糖質摂取は必要ないと当たり前に思えるようになります。

関連ページ

MENU