血糖値測定器関連の価格について色々比較してみた

測定器本体やセンサーの価格を調査した結果

初回購入にかかる費用、並びに、センサーやランセットの費用を含めて比較してみました。

今回は、割と価格の近いものを比べてみました。

本体 価格 販売元
オンコールエクスプレス初回セット 無料 ACON
プレシジョン・エクシード血糖値測定器フルセット \6,580 アボットジャパン
アキュチェックアビバナノ血糖測定器本体 \6,860 ロシュ・ダイアグノスティックス
アボットFSフリーダムライト本体 \7,150 アボットジャパン
ワンタッチウルトラビュー本体 \7,620 ジョンソン&ジョンソン

各社、初回セット(フルセット)も取り扱っている場合が多かったです。それを含めても、安くて5千円以上が相場なようです。

その点、オンコールエクスプレスなら初回セットが無料で入手可能です。

センサーの単価の安さで比較

続いて、実際に売られているセンサーの単価を比較してみました。

品名 枚数 価格 1枚あたり 税込み メーカー
オンコールエクスプレスセンサー 200 \11,800 \59 \11,800 ACON
アボットFS血糖測定電極ライト 250 \23,810 \95 \25,715 アボットジャパン
アキュチェックアビバストリップF 150 \14,600 \97 \15,768 ロシュ・ダイアグノスティックス
アボットFS血糖測定電極ライト 100 \10,000 \100 \10,800 アボットジャパン
ニプロケアファストセンサー 250 \26,190 \105 \28,285 ニプロ

日本で売られている血糖値測定器センサーは、アボットFS血糖測定電極ライトなら250枚セットで一枚あたり95円でした。それに対して、オンコールエクスプレスのセンサーは、200枚セットでの単価が59円と35円以上安い。

ランセットの単価の安さで比較

もう一つの消耗品がランセット。こちらの費用もチェックしておかなくてはなりません。

品名 サイズ 本数 価格 単価 税込み メーカー
オンコールエクスプレス ランセット 30G 100 \600 \6 \600 ACON
マイクロレットSランセット 28G 240 \3,620 \15 \3,910 バイエル薬品
マルチレット 28G 200 \3,200 \16 \3,456 アークレイ
メディセーフファインタッチ針 23G 30 \500 \17 \540 テルモ
マルチレット 28G 25 \420 \17 \454 アークレイ

ランセットなら、1本あたり20円未満で済むものが大半です。

日本で販売されているものは、針が23G~28Gと今の主流より太いものが多くあるので、購入する際には、太さのチェックはお忘れ無く。

オンコールエクスプレスなら、30Gと細く、単価もずば抜けて安いです。

また、単品で購入した場合の送料も変わらず840円なので、それを含めても日本で買うよりだいぶ安いと言えます。

日本ではセンサーは通販できない?

薬事法の関係で日本では血糖値測定器のセンサーを通販する場合は、薬剤師の確認など、色々と手間が伴う為、まだ普及率は良くないようです。

血糖値測定器本体やランセット、穿刺器などは、通販できます。

血糖値測定器本体は、高度管理医療機器という分類になっていて特別な販売許可が必要なようです。高度管理医療機器や特定保守管理医療機器に関しては、”都道府県知事等による販売業の許可が新たに必要”との事でした。

こうした事から、通販で買えるものとそうでないものがあるという事になります。一度購入すれば、それで済む血糖値測定器本体は通販できて、無くなったら再購入しなくてはならないセンサーが対面販売のみというのは、使う側からすると、反対にして欲しいと思うかもしれません。

尚、海外から直接購入する場合は、薬事法でも自己責任(自己使用)に限り許可されています。

関連するページ

MENU