ACONの血糖値測定器を選んだ理由

本体セット無料で測定センサー(試験紙)も安くて助かる

血糖値の自己測定を続ける上で、センサーの単価は重要課題です。

日本で販売されている血糖値測定器の場合、「センサーが1枚100円以上」は高いと感じていたので、海外製で安いものが無いかと思って探していたら、良さそうな商品を見つけることが出来ました。

私が選んだのは、「ACON(エイコン)」という医療機器メーカーの「On Call Express(オンコールエクスプレス)」という血糖値測定器です。

海外では、割と人気の血糖値測定器らしいですよ。

そんなオンコールエクスプレスのセンサーなら、1枚あたり59円(200枚セット)と安いです。

「センサーの費用をどうにか抑えたい」と思うなら、この製品を知っておいて損は有りません。

このページでは、オンコールエクスプレスがどの位安いのかを確認し、「どういうセット枚数で購入すべきか?」などについて、実際の経験を含めてレビューしています。

日本で売られているセンサーと比べてどの位安い?

オンコールエクスプレスのセンサーがどの位安いのか知るために、日本の医療メーカーなどで販売されている製品の価格を調べ比較してみました。

品名枚数価格1枚あたり
オンコールエクスプレス200 枚11,800 円59 円
ニプロケアファスト250 枚26,190 円105 円
グルテストNeo500 枚54,100 円108 円
フォラケアメディカル180 枚20,000 円111 円
アキュチェックアビバストリップF250 枚28,000 円112 円
FSプレシジョン血統測定電極200 枚23,600 円118 円
ワンタッチLFSクイック300 枚38,000 円127 円

この通り、日本で購入できるセンサーの単価は、安くても100円以上します。そこをオンコールエクスプレスに切り替えれば、1回あたりの測定費用は40円以上も節約が可能です。

では、1枚100円のセンサーを使用し続けた場合と、オンコールエクスプレスのセンサー(200枚セット)を購入した場合とで、ひと月あたりどの位節約できるのかシミュレーションしてみたいと思います。

オンコールエクスプレスに切り替えたらどの位節約できる?

「1枚100円」と「1枚59円」のセンサーで、1日3回使用した場合の費用を計算してみました。

  • 1枚100円の場合 → 9,000 円
  • 1枚59円の場合 → 5,310 円

1日3回使用で比較すると、一ヶ月後には、3,690円もの価格差が生じます。

もしも、1日6回使用した場合なら、7,380円の節約になります。

このような費用の違いが大きいだけでなく、第一類医薬品であるセンサーは通販に制限があったり、薬局に出向いて購入する場合、欲しい製品が取り扱われていない事も考慮しなくてはなりません。

こうした手間を考えても、個人輸入なら自宅まで届けて貰えるので助かります。

オンコールエクスプレスは海外直送品なので、注文から届くまで日数が多少必要です。その分、予定を立てて事前注文しておくと良いかもしれません。

オンコールエクスプレスのセンサーが一番安く買える方法は?

200枚セットなら、センサーの単価が59円と安くなり、「定期購入」なら更に安く購入できる事を知りました。

定期購入200枚セットの場合、「センサーの単価は39円」という安さです。

その上、定期購入には、ランセット100本(600円分)が無料で付属されるそうです。これは、お得ですね。

これなら、1日6回使用しても、ひと月あたりの負担額は7,020円で済むので、1万円以下を大幅に更新してくれます。

それに、血糖値の自己測定に関する費用が保険適用となるのは、インスリン療法をしていないとダメなどの条件がある事を踏まえても、自腹で買うなら安いに越したことは有りません。

商品が品切れする心配は?

実際に血糖値の自己測定を行っていると、1日3回だと足りませんよね・・・。

食前や食後のチェックだけでなく、数値が高かったら気になって再チェックすると、「あれ?もうこんなに使ったっけ?」なんて事は、良く起こります。食事内容によって、チェックしたいという事もあると思います。

こんな時には、早めに追加注文しておきたいところです。

海外製品の場合は、在庫切れしやすくて再注文に手こずったりする事も有ります。

その点、ACON社の血糖値測定器を取り扱う輸入代行サイト「糖尿病お助け隊」は、メーカーと直接提携しているらしく、この血糖値測定器が生産され続ける限り、品切れや販売終了などの心配は無いようです。

これなら、ストックを抱えておかなくても、足りなくなれば、再注文しやすいので助かります。

安い分測定性能が悪かったりしない?

単価が安い血糖値測定器なので、「測定精度は大丈夫?」と気になるかもしれません。

では、オンコールエクスプレスは、どの位の精度で測定できるのでしょうか?

確認してみると、FDAが認める基準に到達している限られた血糖値測定器の一つであり、正確性(精度)も99%と高いそうです。

安くて性能も大丈夫なら、メイン機種として使うのも良さそうに思えます。

それを決める前に、もう一つ、海外から個人輸入する場合に注意しなければならないポイントを確認する必要があります。

それが、「ランセットを注文できるかどうか?」という事です。

海外からランセットが取り寄せできない?

海外の通販サイトを利用すると、ランセットだけが注文できないケースがあります。

米国のAmazon.comで、安い血糖値測定器一式を買おうと思っていた時、実際にカートに入れて決済まで進んだところ、エラーとなって注文できませんでした。

そのエラー内容を確認すると、「この商品は、対象の地域(日本)へ送る事ができません」という内容が英語表記されていました。

そこで、何がダメなのか調べてみると、どうやら、ランセットは日本へ送る事が出来ない商品に含まれているという事を知りました。

中には、普通に送ってもらえるケースもあるようです。しかし、日本へランセットを送る事が出来ない海外の通販サイトは、少なくないようです。

その点も、オンコールエクスプレスならランセットも問題なく送って貰えるので、手軽に血糖値測定器一式を揃える事ができます。

消費期限が短かったりしない?

eBayなどの海外オークションサイトから安く入手するという方法もあります。しかし、この場合は、センサーの品質などに不安が残ります。

というのも、センサーの使用期限が残り2、3ヶ月というような、時間の経過したものが送られてくる事も良くあります。

その上、送料も高く、届くまでの時間もかかったりします。

また、eBayを利用する場合は、英語でのアカウント作成、住所の登録、支払先としてPayPalなども用意しなくてはなりません。

注文から何日くらい待てば良い?

オンコールエクスプレスを取扱店に注文したところ、1週間弱で届きました。

海外直送品が1週間程度で届くのであれば、相当早く届けて貰える方です。でも、実際は、1週間~2週間程度が多いようです。

センサーも安く、品切れなどの心配もなく、そして、発送も早い。これなら、海外から取り寄せるメリットも十分感じます。しかも、うれしい特典があります。

それが、初回無料セットが用意されている事です。

この辺の詳細については、実際に取扱店を見てみるとすぐ把握できます。

初回購入時は、センサーだけ注文すれば、自動で1セットが送られてくるので、注文時に間違わないよう気をつけて下さい。

関連するページ

MENU