【写真付き】ACON血糖値測定器の使用手順を解説

使い方を一通り解説してみます

一つ一つ写真付きで、【写真付き】ACON血糖値測定器の使用手順を解説していきます。

ただし、私自身が使いやすい独自の部分もあるので、あくまでも参考程度に・・・。

【0】日時設定(初期のみ)

一番最初は、本体の初期設定が必要となります。この解説は、飛ばします。

日時の設定をしておきましょう。

取説も充実しているので、特に難しくはありません。

【1】必要なものを準備

血糖値測定器本体、センサー、ランセット、穿刺器、アルコール、ティッシュを準備します。

アルコールは、ダイソーのスプレーボトルなどに入れておくと便利です。

【2】手指の消毒

一通り使用する前に、両手指の消毒をしておきます。

「左手にシュッ」×2~3回

「右手にシュッ」×2~3回

両手にまんべんなくアルコールをかけ、両手をこすり合わせた後、ティッシュで拭き取り乾かします。

水道水で石けんを使って手洗いをするのも良いと思います。ただし、汚れたタオルで手を拭かないように気をつけましょう。

【3】ランセットとセンサーの設置

まずは、ランセットを穿刺器にセットします。

穿刺器(右手側)のカバーを外すと、ランセットが設置できるようになります。

カバーを外してランセットを設置し、キャップ(丸い形状)をひねって外します。この時、変に力を入れると針が曲がる事があるので注意してください。

右手で持っている部分がツマミになっていて、後ろに引っ張れるようになっています。ここを引くと、左手で指している部分が黄色くなり準備完了です。

針の深さを調整するメモリは、私の場合は、「1.5~2.0」あたりに設定しています。

白い点が見えますよね。あれが、「0.5」を示します。点と数字が交互に出てくる感じです。

メモリは、実際に針を刺して血液の量で決めると良いと思います。

【4】センサーを本体にセット

続いて、本体にセンサーをセットします。

この時、端子部分と採血部分には、触らないように注意しましょう。

本体の上部に挿入部分があるので、差し込みます。

採血準備完了のマークが出たら、いつでも採血できます。

採血を行わずに長く放置していると自動で電源が切れるので、マークが出ているかちゃんと確認しないで失敗する事があります。

【5】もう一度消毒し針刺し

針を刺す直前にも、消毒しておくと安心です。

まあ、ここまでしなくても、測定結果がそんなに変わることは無いと思います。

アルコールをティッシュで拭き取り、乾かします。

【6】針を刺す

穿刺器の先端を写真のように押し当ててボタンを押すと針が出ます。

もしも、血液が採血できる量として不十分な場合は、穿刺器のメモリを一つずらして、針を刺し直します。

【7】血液を採取

針を刺したら、反対の指で血液を少し押し出すようにして、小さな玉を作ります。

センサー先端の採血する部分に、血液を付着させます。

血液が付着すると、カウントが「3・2・1」となり、結果が表示されます。

測定結果が表示されました。

この時は、「79mg/dL」という事で安心の血糖値レベルでした。

【8】センサーを外す

採血が終わったので、後片付けをします。

血糖値測定器本体の横にスライド式のボタンがあるので、これをずらすとセンサーが外れます。

無理に引っ張る必要はありません。

片手で簡単に捨てられます。

まだ、センサー先端の血液が乾いていない事があるので、血液が付着しないようティッシュなど敷いた方が安心です。

【9】ランセットを外す

センサーと同じように、穿刺器側にもスライド式のボタンがあります。

少し見えにくいかもしれません。これをスライドすると針が外れます。

後は、キャップの腹の部分に針を刺して針を保護して、ゴミ箱へポイです。

尚、家庭で使うランセットなら、大半の場合は、燃えるゴミで出してしまって問題ないようです。

厳密には、針は燃えません。ただし、全体に対する割合で燃えるものか、そうでないものか決まるらしいですよ。

【10】結果の再確認

オンコールエクスプレスなら、測定結果の記録を後から見るのも容易いです。

左側のボタンを押すごとに過去のデータを表示でき、右側を押せば、アベレージの確認と電源を落とす事ができます。

押しっぱなし操作も可能なので、結構古いデータを見る時も楽です。

このように特に難しい手順も無いと思いますし、実際には、かなり分かりやすい日本語マニュアルも付属しているので、それを見れば、迷う事はありません。

ご参考までに。

関連するページ

MENU