一型と二型の糖尿病の違いは?

先天性か後天的かの違い

当事者にとっては当たり前に理解している事だと思いますが、私自身もそうであるように、「いやいや、まだ大丈夫!」と思っている段階では、意識も低く糖尿病がどういうものか結構わからないものです。

私もつい1年前までは、ほぼ知識ゼロでした。

糖尿病の治療には、必ずインスリン注射が必要だと思ってた位です・・・。それと、一度なったら治らないとも思っていたし、血糖値測定器の使用も余程重症化してからだと感じていました。

そもそも、糖尿病は、インスリンの分泌が減ったり、分泌されていても働きが悪かったりする故に発症する血液の病気。しかし、実際には、糖尿病での治療でインスリン注射が用いられるケースは、一型と二型の一部と結構限られるそうです。

1型糖尿病の場合は、インスリン注射が必須?なぜに?

理由は、生まれつきの場合が多いから。膵臓のβ細胞が自己免疫に攻撃される。β細胞は、インスリンを作り出す上で必要な細胞。それが、自己免疫不全により足りない。つまり、インスリンそのものの分泌が限られる。

そのため、1型糖尿病の場合は、基本的には一生インスリン注射による治療が必要となるという事なんですね・・・。

一方の2型糖尿病。こちらは、原因は自分自身。つまり、食生活や運動不足という生活習慣病。症状が重度にまで進行していない限りは、インスリン注射を用いる事は無いそうです。

では、どういった治療法がある?

「運動療法と食事療法。」だそうです。

太ったのが気になったらダイエットをするのと同じように、自分で蒔いた種を自分で回収しなくてはならないんだとわかります。

運動によってエネルギーの消費を増やす。消費が増えると、供給もスムーズになってくる。インスリンが上手く働くよう促進すると共に、健康的な食生活を心がけることで、2型糖尿病は改善することができるんですね。

「2型糖尿病は治らない」なんていう情報も有りますが、こちらは、取り組み次第で改善できる可能性を持っているんだと思えます。

治らないのは、努力しても改善の限界がある状態であり、治せないは、努力そのものが難しいと感じている事のように思います。

2型糖尿病は、どっちでしょうね・・・。

何にしても、ここまでならないように、健康なうちから血糖値の自己測定を続ければ、食事療法も運動療法も、そこまで負担とならずに済みます。

こうした治療上の違いを見ると、同じ糖尿病でも、1型糖尿病と2型糖尿病では、その深刻さに大きな違いがあると分かりました。

関連情報